スウェーデンの研究所は2016藤野年のノーベル医学生理賞生理学賞を、東京工業大学の大隅教師20すると発表しました
辞書織オートファジーの解明らしいです
オートファジーというのは細胞内で、タンパク質を分解分解市リサイクルする仕組みだそうです
何のことか全くわかりませんが
私少しわかりやすくするとこういうことだとそうです
細胞内では古くなったタンパク質が壊される一方で、新しいタンパク質が作られているそうです
材料となるアミノ酸は食事で摂取したたんぱく質の分解で得られるもののほかに、古くなったタンパク質の分解で得られるものが使われているそうです
こうした現象は以前から知られていたんだそうですが、長い間詳しいことはわかっていなかったんだそうでした
それに対して大隅三和オートファジーの意味や、役割を明らかにする会で大きな貢献をしたということです
大角さんは東京大学教養学部を卒業した後、アメリカのロックフ**ー大学
東京大学2学部東京大学教養学部基礎生物学研究所
終えて今東京工業大学の名誉教授をしています