宮城谷昌光という小説家がいます
歴史小説家と言っていいと思います
歴史小説家の一人である素晴らしい作家であると言えると思います
宮城谷昌光先生書というそう言った小説が一番好きです
頭から芝龍太郎も好きです
司馬遼太郎の著作もそれなりに読みました
りゅうまがいく 竜馬が行く坂本龍馬の龍馬が行く水でそういう本です
とてもとても面白かったです
幕末の日本の動向をわかりやすくするために私は龍馬が行くを読んでいました
司馬遼太郎は色々な を書いています
それから芝龍太郎の書いた項羽と劉邦というそういう歴史小説も読みました
中国の戦国時代に出てきた項羽と劉邦というそういう人物です
ぐやぐやなんじをいかんせんというそういう名目で知られたその対処法です
けれども結局は漢の劉邦に負けてしまいました
漢の劉邦は名もない宿屋の主人だったそうです
ただそれだけの人物ツナ缶という大帝国を打ち立てるその思想となりました
ufo が素晴らしい人物となり得たのは彼が何もない人物だったということが挙げられるそうです
何もないというのは特に取り柄のない人だったそうです
ただなんとなくこの人は自分がいなくては生きて行かれない人
なぜこの人を助けないではいられない人
そういった雰囲気とかそういったものを持っている人だったそうでそれ以外は何もなかったそうです