オートファジー

スウェーデンの研究所は2016藤野年のノーベル医学生理賞生理学賞を、東京工業大学の大隅教師20すると発表しました
辞書織オートファジーの解明らしいです
オートファジーというのは細胞内で、タンパク質を分解分解市リサイクルする仕組みだそうです
何のことか全くわかりませんが
私少しわかりやすくするとこういうことだとそうです
細胞内では古くなったタンパク質が壊される一方で、新しいタンパク質が作られているそうです
材料となるアミノ酸は食事で摂取したたんぱく質の分解で得られるもののほかに、古くなったタンパク質の分解で得られるものが使われているそうです
こうした現象は以前から知られていたんだそうですが、長い間詳しいことはわかっていなかったんだそうでした
それに対して大隅三和オートファジーの意味や、役割を明らかにする会で大きな貢献をしたということです
大角さんは東京大学教養学部を卒業した後、アメリカのロックフ**ー大学
東京大学2学部東京大学教養学部基礎生物学研究所
終えて今東京工業大学の名誉教授をしています

 

野菜

水曜日になったので今日は久しぶりにと言うか2ヶ月ぶり以上です
ひがみ頭場で近所の公園に八百屋のおじさんが野菜を売りに来てくれるのです
野菜の移動販売の日なのです
機能低下おととい支部長さんにイヤ小山でスーパーまで野菜を海に連れて行ってもらいました
そこで大根を一本100円で買いました
とてもとても安く買えたので嬉しかったです
それから かぼちゃを半額で買いました
これも安く買えたので嬉しかったです
それから豚肉のバラ肉を買いました
これも割と安かったので嬉しかったです
一番嬉しかったのは椎茸が赤いたことです
嬉しかったです
椎茸国産の椎茸はいつも高いのです
しかし椎茸はどこくらい入っていて、たったの100円でした
とても安かったし嬉しかったです
そのしいたけを使って鶏の炊き込みご飯を作りました
もちろん出来合いの炊き込みご飯の具を使ったんです
けれどもとてもおいしくできました嬉しかったです
おはようございます
今日は2016年1月5日水曜日です

宮城谷昌光

宮城谷昌光という小説家がいます
歴史小説家と言っていいと思います
歴史小説家の一人である素晴らしい作家であると言えると思います
宮城谷昌光先生書というそう言った小説が一番好きです
頭から芝龍太郎も好きです
司馬遼太郎の著作もそれなりに読みました
りゅうまがいく 竜馬が行く坂本龍馬の龍馬が行く水でそういう本です
とてもとても面白かったです
幕末の日本の動向をわかりやすくするために私は龍馬が行くを読んでいました
司馬遼太郎は色々な を書いています
それから芝龍太郎の書いた項羽と劉邦というそういう歴史小説も読みました
中国の戦国時代に出てきた項羽と劉邦というそういう人物です
ぐやぐやなんじをいかんせんというそういう名目で知られたその対処法です
けれども結局は漢の劉邦に負けてしまいました
漢の劉邦は名もない宿屋の主人だったそうです
ただそれだけの人物ツナ缶という大帝国を打ち立てるその思想となりました
ufo が素晴らしい人物となり得たのは彼が何もない人物だったということが挙げられるそうです
何もないというのは特に取り柄のない人だったそうです
ただなんとなくこの人は自分がいなくては生きて行かれない人
なぜこの人を助けないではいられない人
そういった雰囲気とかそういったものを持っている人だったそうでそれ以外は何もなかったそうです